塩沢つむぎ記念館だよりvol.12~映画『名も無き人の海』~

 

こんにちは、塩沢つむぎ記念館の丸山由貴菜です。

2020年も4日から元気に営業スタートしました。

本年もよろしくお願い致します!

 

さて今回は、昨年の2月から南魚沼市振興局・

南魚沼市・南魚沼市観光協会などの製作協力を得て

撮影を行っているヒューマンシネマ。

塩沢織の機屋(メーカー)を舞台にした自主製作映画

「名もなき人の海」についてご紹介いたします。

 


 

人が必ず迎えなければならない、老いというものを、家、親子、認知症という題材を通し、塩沢紬の機屋と湘南の海を舞台に、時間軸をさかのぼりながら、人間模様を描く自主映画作品。

「名も無き人」と呼ばれる、身元不明者が現在も多数存在しているという事実。認知症はまるで「海」のようだ、人は未だその深さ、広さを知りえていない。10年後の日本では、65歳以上の5人に1人、700万人がなるそうです。

溺れず、泳ぐにはどうすれば良いでしょうか?

 

監督  尾花健一

キャスト 田澤葉月 奥井正行 雷五郎 中野玲子

公開予定 2020年11月/新潟ユニゾンプラザ・アオーレ長岡・

他(横浜シネマノヴェチェント・東京中野ZERO)

着物提供 株式会社南雲織物工場(塩沢織物工業協同組合会員 )

着 付 け  地元の女性3人(Aさん・Hさん・Nさん)

機織指導 塩沢つむぎ記念館スタッフ(星野・丸山)

ロ ケ 地  牧之通り・塩沢駅・塩沢つむぎ記念館(2階織工房)・他

新潟市・柏崎市・日本海/都内・湘南海岸・真鶴海岸・他

挿 入 歌  記憶の固執(中林久明)

制作協力 南魚沼地域振興局・南魚沼市・南魚沼市観光協会

     雪国ロケお助け隊・塩沢つむぎ記念館・北方文化博物館・他

制作  Cinema’69(http://www.cine1969.com/)

 

 

当館では衣装の塩沢紬の着物の提供と、

2階の織工房での塩沢紬の機織りのシーンを撮影しました。



 

私も女優の田澤葉月さん、中野玲子さんに機織りの指導をさせていただきました。

すぐにコツをつかんで織った生地もきれいに出来上がりましたよ。

さすが役者さんです!




 

牧之通りでの撮影も行われました。

この日はちょうど雪もちらついていたので

とても雪国らしい映像になったのではないでしょうか。





 

公開は今年の11月とまだ先ですが、皆さま是非ご覧ください。

これからも当館HPや雪国アート回廊フェイスブックなどでも情報発信していきます。


 

 

《塩沢つむぎ記念館》

新潟県南魚沼市塩沢1227-14

ホームページ

http://www.tsumugi-kan.jp/

フェイスブック

https://www.facebook.com/tsumugikinenkan/

インスタグラム

https://www.instagram.com/shiozawatsumugi.kan/

 

 

記:丸山 由貴菜

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.