「サンチノ」さんちの、コシヒカリ「生」食パン

 

こんにちは!

先日、こちらに雪が降った日、娘たちが

「この雲が八海山のほうにいったらいいねー」

「ちょうどよく積もってほしいよね」と言うのを聞いて、

ほんとだねと笑ってしまいました。

南魚沼出身、都内在住 瀧澤由紀です。

 

近年、グルテンフリーという言葉を良く見かけるようになり、

米粉の製品がずいぶん増えています。

中でも今日は、新潟の米粉を使った人気のパンを紹介します!

池袋駅構内からも繋がっている東武百貨店

入り口近くの一角にある「サンチノ」 さん。

このユニークなネーミングは「~さんちの/~産地の」からきているそうです。




 

お店は広くはないですが、ショーケースにはずらっと美味しそうなパンが♪

甘いのからシンプルな食事パン、惣菜パン…

見ているだけでいい香りがしてきそうてす。

そのなかでも目立つ場所に置いてあるのが

一番人気!コシヒカリ生食パンです。




 

お隣には豆腐を使った食パン、狭山茶を使った食パンが並び、

それぞれ色が全然違います。

米粉パンは焼き色が濃くて存在感がありました!

約20年前には「米粉でパンを作るなんて不可能だ」と言われていました。

米粉はグルテンを作り出せないからです。

しかし今ではグルテンフリーを好む方はもちろん、

小麦アレルギーの方でもパンが食べられるようになりました。

短期間ですごく発展した技術だということに驚きです。



 

サンチノさんのパンのうち、数種類の米粉パンと

米粉の焼き菓子はどれも同じ米粉を使っており、

中でも食パンとあんパンには生クリームを使います。

もちもちしっとり+ふんわりなめらか食感です。

こんなに多くの種類がある中で、

コシヒカリ米粉「生」食パンが一番人気だなんて、凄いことですよね!




 

もちろん一番人気の「生」食パンと、

同じく米粉の「生」あんパンを買いました。



 

あんパンは薄めのしっとり生地に、

みずみずしいなめらかなこしあんが入っています。

生クリームのリッチな風味とさっぱりめのこしあんが、

バランス最高‼で美味しかったです。

 

「生」食パンは、押すとゆっくり戻ってくる感覚に、

すでにしっとりもちもちの期待が膨らみます~♪

焼いてみると、小麦のパンとはちょっと違う甘い香ばしい香り‼

外側さっくり、噛むとやっぱりしっとりもっちりで、

噛むほどに甘いおいしいお米の風味が感じられます。

うーん、これはおいしい‼

家族も、「いいにおーいおいしい‼」「お米からできてるの?これ?」と。

今までも米粉パン食べてきたのに、まるで別物に感じたようです。

うん、これは一番人気だね…と皆で頷いた私たちです。


 

南魚沼のコシヒカリをパンにするのはもったいないと思ってしまいますが、

それでこのパンを作ったらどんな味になるかな…とワクワクしました!

生食パンに「大変よくできました」シールが貼ってある通り、

私の中の米粉パンの存在が急上昇してしまいました。

次回は米粉の焼き菓子、買ってみます!ワクワク♪

今回もお付き合い、ありがとうございました!



 

《サンチノ(東武百貨店 池袋店)》

東京都豊島区西池袋1-1-25(地下1階)

TEL 03-5962-0935

HP https://www.takewaka.co.jp/santino

 

 

記:瀧澤 由紀

カテゴリー: 南魚沼市外で南魚沼を楽しむ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.