心も体も温まる♪「割烹 川佳」

 

こんにちは、原 恵子です。

暦の上では立春を過ぎましたが、寒波のおかげで恵みの雪☃️が降り、

やっと南魚沼らしい冬になりました。

そんな雪の中、仕事で東京から大先輩のセミナー講師の先生が来てくれました。

昨年もこの時期に来てくれているのですが、10年来お世話になっていて、

「南魚沼の美味しいご飯屋さんに連れて行って!」とのご要望で、

夜ご飯を一緒に食べることになりました。

今回は四十日(しとか)にある「割烹 川佳」さんに行って来ました。



 

この日はかなり雪が降っていたのですが、駐車場は満杯。

お店の中も、落ち着いた雰囲気の中、集うお客様で賑やかでした。

カウンターの後ろには、名だたる新潟の銘酒がズラリ。



 

私たちは奥の小上がりに通してもらい、早速メニューを見て注文。





 

どれにする?と迷う中、一緒に居た同僚が、

「このお店のから揚げはおいしいよ」と教えてくれました。

迷わず注文^_^。

そして、チョレギサラダ、ピザ、たこの唐揚げ、ホッケ、

そして、川佳名物「わさびの涙あふれるカツ」の

「すすり泣き」をお願いしました。

わさびの量によって、「すすり泣き」「大泣き」

「オエツ泣き」の3段階に分かれているとのこと。

ドリンクは、先輩は八海山の冷酒、

同僚と私はソフトドリンクを注文して、乾杯しました^_^。

 

雪のこと、地域のこと、仕事のことなど話は尽きず、

その間お料理もどんどん運ばれて来て、箸も止まらず。







 

実は、たまっていた疲れが出たのか1月末から体調が優れなかったのですが、

気心の知れた仲間と一緒に、おいしい地の物をゆっくり頂いているうちに、

体の中がポカポカ温かくなっていくのを感じました。

 

最後に出て来たのが、名物の「すすり泣き」。


 

おいしいカツだなぁ…と思いながら食べていたのも束の間、

ツーンと鼻にくる辛さが。少し涙が出てしまいました。

文字通り「すすり泣き」。でもクセになるおいしさでした。

 

3時間くらいいろいろな話をして、お店を後にしました。

お店を出る前に、久しぶりにお会いしたこのお店のおかみさんとハグ^_^。

実は仕事を通して知り合い、お会いするたびにその人柄に元気付けられています。

とても素敵なおかみさんです。

 

帰りの道中、先輩に

「原さんは幸せだね。雪☃️が多いのは大変で、

普段東京にいる僕らには想像もつかない苦労があるだろうけれど、

この地の人たちは苦労と思わず、この環境の中でも

より良く生きようと工夫し知恵を絞っているんだよね。

パワーを感じるよね。

そんな人たちに囲まれている原さんは恵まれていると思うよ」

と言われました。

自分がいるこの地を褒めてもらったことがなんだか嬉しくて。

明日からまた頑張らなくちゃ、と思いました。

 

「割烹 川佳」さんは、国道17号線を六日町から浦佐方面に向かい、

四十日新道の信号を過ぎてすぐ右手にあります。

セブンイレブン南魚沼青木新田店さんの隣りです。

皆さま、南魚沼にお越しの際は、ぜひ「割烹 川佳」さんへお運び下さい。

おいしいお酒とお料理とおかみさんはじめ店員さんたちがあたたかく迎えてくれます。

 

原 恵子でした。

 

 

記:原 恵子

カテゴリー: 女子プロおすすめ:南魚沼市六日町エリア『食事処&カフェ』 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.