貴重な伝統野菜『大崎菜』

 

みなさま、こんにちは。小林昌子です。

 

毎年恒例。この時期だけのお楽しみ♪

春を告げる伝統野菜「大崎菜」の時期がやって来ました。



 

まず、過去のこのブログをご覧ください。

雪国の特産「大崎菜」

↑ ↑ ↑

渾身のレポートです。

今年は売り切れないうちに星野さんのハウスを訪ねて、

「おっ!すくすく成長してる!」と確かめてから、購入♪






 

この時期にしか食べられない

「幻の」とまで言われている「伝統野菜」の「大崎菜」ですが

パスタにしたり、ゆでたり、炒めたりして

今年も安心のおいしさ

大満足!





 

生産者の星野さん曰く

「昔は約70軒と、多かった組合農家も

今ではたったの5軒に・・・

俺もあと何年できるかわからないよ・・・。

でも、こうやって喜んで食べてくれる人がいるから

頑張りたいけどね・・」

 

「ほら、こっちのハウスでは、ふきのとうも作ってるよ。」

と見せてくださった。



 

とにかく、湧き水が綺麗なこのエリアで生産される野菜は、

安心、安全、美味しくて当たり前。

 

大崎菜は9月に種をまき、12月下旬から翌年4月中旬まで出荷が続きます。

ピークは2月下旬から3月中旬。

今まさに真っ只中です。

JAの農産物直売所「あぐりぱーく八色」などでも購入できます。

ラベルシールには、赤字で「大崎産」と記してあるので

よーく見てご購入を♪

そうそう、大崎菜は、生産者ごとに味が違うらしいので

見つけたらぜひ複数お買い求めいただき

お味を比べてみてはいかがでしょう♪



 

このほろ苦さがもう、何とも言えない

季節の味

ここの味(#^^#)

ぜひ、食べてみてくださいね。

 

 

記:小林 昌子

カテゴリー: 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 女子プロおすすめ:南魚沼の『お買い物・お店』, 生活情報 衣食住 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.