南魚沼 春の訪れ

 

女子力観光プロモーションチームブログをご覧の皆さま

おはようございます!

南魚沼雲海部部長 若井 勝也です!

 


 

ようやく、そこそこの雪が降ったかと思えば、はやくも2月も終わりそうな当地です。

 


 

毎年2月は、あっという間ですね!

今年は昨今の情勢もあり、本当に慌たゞしく過ぎていきました……。

 


 

もうすっかり春の訪れを感じる日々ですが、

そんな中、来週3/7(土)に迫りました

【浦佐毘沙門堂裸押合大祭】がいよいよ開催されます!

昨年、重要無形民俗文化財に指定された当地の御祭で、

日本三大奇祭の一つです。

極上の南魚沼〈歴史〉裸祭

 



 

-以下 公式ページより-

かつて年一回正月三日に毘沙門堂の唐戸を開き、ご本尊様の暖簾をあげご開帳。毘沙門天を信仰する人々が各地から集まり、我先に参拝しようともみ合い、押し合う。その暑さと年頭にその年の除災招福を願う心から水行して参前する。これらのことが混じりあって次第に裸になる者が多くなりついには全員裸でご本尊様に額つくようになり、今年より三月第一土曜日に日を改め行なわれる。そして祭典の準備・警護・進行を「浦佐多聞青年団」が取り仕切る。満30歳までの若者は当日までの数週間、四足二足を食さず毎日水行をし、身も心も清め指揮に当たる。

 








 

災害復興を掲げる今祭ですが、様々な事があったこの冬だからこそ、

精一杯盛り上がりたいものですね!

 






 

残り僅かな冬と、もう間も無くな春を存分に楽しみましょう☺️

 

 

記:若井 勝也

カテゴリー: 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 南魚沼のイベント情報とご報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.