牧之通り『ちどりや』7周年★開店記念祭のご案内

 

こんにちは。初田敏美です。

着物大好きな方にすてきな情報です。

塩沢牧之通りにあります、リサイクルきもの『ちどりや』。

このたび、お店が2階から1階に移動し、

店舗も広くなり、さらに気軽に入れるお店になりました。



 

この季節のおすすめは浴衣、夏着物など。

とってもお買い得です。



 

そんなちどりやは今年で開店から7周年を迎え

現在、開店記念祭が開催中です。


 

★ちどりや☆7周年開店記念祭★

7月18日(土)~8月2日(日) 10時~17時

 

今年は中止になってしまいましたが、

7月なかばの塩沢まつりのころにOPENされたとのこと。

着物はもちろん、はぎれ詰め放題1袋500円(税別)もおススメです。

 

はぎれなどを使った手芸倶楽部も開催されます。

★手芸倶楽部★

□日 時  毎週月曜日 13時~15時

□場 所  ちどりや1階

□参加費  200円

□内 容  持ち込みの教材で自由に製作していただく

□参加方法 前日までに電話連絡必須【電話 025-775-7287】

 

ちどりやは、リサイクルだけでなく、新品の着物もあるので

じっくりご覧いただくと掘り出し物がたくさんあります。

こちらは、新品の『夏塩沢』(やまだ織)。なんと8万円(税別)です!

私の憧れの夏塩沢、独特のシャリ感と透け感が特徴です。

写真ではわかりづらいのですが、経糸のグラデーションが素敵です。


 

さて、『ちどりや』代表取締役の保坂 勉氏は、

令和2年4月1日、やまだ織 代表取締役に就任されました。

新体制となったやまだ織は、織物製造会社として

いつも機織りの音が響いています。

 

ということで、「織物を作る工程」をいくつか紹介いたします。

こちらは型紙。

これにより、まずは着物の柄を決めます。



 

次は、糸の状態で行う色つけ『捺染』(なせん)。

(※捺染とは、染色法のこと)

板に緯糸(よこいと)を約1cm弱間隔に巻き、

染料と糊を混ぜたものを直接刷毛ですり付けていく技術です。



 

織物では

縦糸→経糸(たていと)

横糸→緯糸(よこいと)

と書きます。

地図の経度・緯度と同じたてとよこですね。

また、単位のひとつに「一反」というものもあります。

一反とは布地の大きさの単位で、

反物は一着分の和服を仕立てるために必要な布地、

一反ずつの巻物になっています。

一反の幅は約40cm弱、

この横幅にどのくらいの経糸が使われているか、わかりますか?

やまだ織では、1本の糸が0.2mm、1600本~1840本の経糸が使われています。

この経糸を整える工程を「整経」(せいけい)といいます。

一気に約40cmの経糸を巻くのでなく、

糸を組み替えて何回かに分けて整経を行う熟練の技。

やまだ織の縦のグラデーションは、この工程で決まります。

多くの経糸を操る技術は本当に素晴らしいです。



 

整経の次は、「筬通し」(おさとおし)。

筬には織物の幅を保つためと、打込み具の役割があり、

細かい筬目に経糸を通していき、織始めのスタート位置を決めます。


 

機織り機にセットできる状態にします。

いよいよ機織りの工程へ。


 

やまだ織では『織部』と言われ、伝統工芸士3名を含む

5名の機織り職人の方々がいらっしゃいます。



 

織物の製造工程は、糸から反物になるまでたくさんの工程があり、

熟練された技が活きているのですね。

この技は一日にしてならず、まさに熟練技術を持つ『人』が宝です。

やまだ織の『塩沢』織物を着物に仕立て、販売しているのが『ちどりや』、

ちどりや×やまだ織のコラボ商品がこれから楽しみです。

是非、牧之通り『ちどりや』にお出かけ下さい。

 

《キルト・リサイクルきもの ちどりや》

新潟県南魚沼市塩沢176

TEL 025-775-7287

HP http://kimono-chidoriya.jp

 

 

記:初田 敏美

カテゴリー: ニュース, 南魚沼のイベント情報とご報告, 女子プロおすすめ:南魚沼の『お買い物・お店』 パーマリンク

牧之通り『ちどりや』7周年★開店記念祭のご案内 への1件のフィードバック

  1. ちどりや塩沢本店 熊木 のコメント:

    初田様
    このたびは、はちどりや+やまだ織のご紹介ありがとうございます!
    FMゆきぐにの番組の中でも、ちどりやのお話しをしていただいて嬉しいかぎりです。コロナ不安の中ですが、今年のちどりや開店記念祭、はぎれ詰め放題を楽しみにしているお客様が沢山来店して下さいました。
    また今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.