今こそお勧め、癒しの大崎遊歩道

 

ブログサポーターの田中せつ子です。

今年の夏は今までに経験したことの無い、静かな夏ですね。

新型コロナウィルス感染症対策をしたり、熱中症対策もしたり、

県外に住む家族にも会えなかったり、夏祭りも神事のみ。

辛い気持ちを抱えながら健康第一だからと、自分に言い聞かせ、

早く新型感染症が終息して欲しいと祈るばかりです。

昔から天災や疫病の不安を鎮めてくれたのは神仏でしたね。

 


 

そこで、今回は

豊かな自然と神仏に触れる大崎地域の遊歩道をご紹介します。

 


 

国道291号線から見える「龍谷寺」からスタートします。

駐車場が周りにありますので安心ですが、

バスだと浦佐駅から六日町駅行きに乗り、龍谷寺前で降ります。

 


 

龍谷寺正面の門の前に車を停めて、中に入りました。

 




 

門の中は大きな木々に囲まれ、涼しい風が吹いています。

本堂には越後のミケランジェロと称される

「石川雲蝶」の素晴らしい彫刻もあります。

繊細で躍動感溢れる芸術品の欄間を見て、

仏様に手を合わせ長い歴史を感じて下さい。

 




 

その隣の観音堂はインドグプタ王朝の様式で、

独特な雰囲気が八海山の背景に映えます。

静かに座っているだけで、仏の教えが聞こえそう…かな。

 




 

龍谷寺の斜め前が「八海山社務所」です。

毎年2/3はここで豆撒きが行われます。

冬の間の神事はこの大崎集落の中心にある社務所で行われます。

冷たい水で手を清めて歩き始めます。

 







 

社務所から5分かからず国道291号線に出ますが、

地下道がありますので車の交通を気にせず渡れます。

鳥居を潜って石段の左手には「滝谷の清水」が勢いよく流れ出ています。

この清水の美味しさは有名で、

大崎地域の人たちがお茶やご飯を炊くのに使うだけでなく、

飲食店の人が大きなペットボトルで汲みに来たりで、

この場所には冬でも車が停まっています。

この水で蕎麦を打つと水道水とは全然違う仕上がりになるのだそうです。

まだちょっとしか歩いていませんが、

冷たい水で水分補給し熱中症対策もしなくっちゃ。

 

階段を上がって「大前神社」にお参りします。

この日は8/14で大前神社例大祭の宵晩だったので、

お神輿が鎮座し役員の方々もいました。

例年なら賑やかな祭礼が行われるのですが、今年は8/15の神事のみとなっています。

新潟県無形民俗文化財に登録されている「翁式三番」も、

残念ながら今年はお休みです。

それでも次々とお参りに来る人たちが途切れません。

八海山の裾野に位置し大きな木々に囲まれているので、涼やかな風が気持ちいい。

 


 

石段を降りて国道291号線に出たら、道を渡らず歩道を歩いて、

この標識から左に曲がり八海山大崎口を目指して歩きます。

 


 

少し歩いてT字路に突き当たると、宮野屋の看板からまた左に曲がって、山を登ります。

 


 

手作り小物品を作っている「ひまじんくらぶ」が右に見えると、

ここから少し急な登りです。

 


 

「大崎ダム公園」の上にあるログハウスを利用する時は、ここから車で入りますが、

右手のこの看板を見たらもうすぐ上が広い駐車場です。

 



 

10/20の火渡り大祭の時はここがバスの発着場になります。

大前神社からゆっくり歩いて約20分。

丁度良いウォーキングコースです。

 


 

駐車場の奥にはダム公園の入口が見えますので、

まだ体力に余裕のある人はここを降りて、ダムの回りを歩いてみてください。

春は桜と水仙が咲き、ダムの上にはこいのぼりが飾られ最高の景色ですよ。

 




 

石段を上がると左手には「霊風殿」と「こもれび体育館」が見えます。

正面は10/20の火渡り大祭となる舞台です。

7/1には御山開きが行われました。

 






 

真っすぐ八海山に向かって進み、石段を踏みしめながら

汗を拭き拭き上がると、左手から水の音。

新潟県の名水に指定された「金剛霊泉の水」が、湧き出しています。

小学校の夏休みは八海山の里宮が遊び場でした。

二合目半まで駆け上がり、金剛霊泉の水を飲んで来る競争です。

長く手を入れていられない程の冷たい水が、本当に美味しかった思い出です。

今はここで味わうことができて、本当にありがたいです。

 


 

その向かいには「和楽殿」があり、

縁結びの神様「大国主尊」が祀られ結婚式も挙げられます。

 


 

そして正面の「八海山尊神社」にお参りします。

靴を脱いで上がって、厄除けのお守りやお札も買えます。

お清めの塩は無料でいただけます。

祓い給え清め給え~二礼四拍手一礼。

 


 

八海山尊神社の左の小道を歩いた上に、「八海生そば宮野屋」があります。

手打ちそばも山菜も鯉こくも、

ここでしか味わえない昔ながらの美味しさがたまりません!

 


 

ここでもちゃんと感染症対策をしていますね。

二階もあるので中はゆったり座れます。

 




 

自家製の漬物、山菜料理、イワナのから揚げ、どれも本当に美味しい!

子ども達も喜んで食べました。

 



 

すぐ近くの黒土新田で、自家栽培ホップと自家培養ビール酵母で

丁寧に造ったクラフトビールがあるのも嬉しい。

STRANGE Brewing&Labのペールエールと蕎麦の実エールが料理にピッタリ。

極上の南魚沼〈食〉STRANGE Brewing&Lab

 




 

クルミの実を自分で掘って薬味に使うのが、宮野屋さん独特の旨さ。

ナスの冷やし蕎麦とざるそばが絶品!

 



 

お腹いっぱいで道端の草花を眺めながら山を下りるのは、心もお腹も満足のひと時。

 


 

国道291号線に突き当たって、この看板の方に真っすぐ渡ると、

スタート地点の「八海山社務所」に戻ります。

歩いている時間は1時間余りですので、

どなたでもお気軽に回れるウォーキングコースです。

自信のない方は車で回れますので、ご高齢の方や小さいお子様連れの方にもお勧めです。

大前神社の裏手からは「坊谷山遊歩道」に繋がりますので、

歩き足りない方はぜひどうぞ。

坊谷山 秋のハイキングで里山の魅力再発見

山の空気で心と身体を涼やかに癒し、感染症と熱中症に負けず頑張りましょうね。

 

 

記:田中 せつ子

カテゴリー: 健康, 女子プロおすすめ:南魚沼の『施設』, 女子プロおすすめ:南魚沼の『自然』, 女子プロおすすめ:南魚沼の『食事処&カフェ』, 女子プロ観光モデルコース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.