南魚沼に来てやりたかった事

 

こんにちは、南魚沼在住4年9か月の足立 知彦です。

 

イノシシ対策のカカシ君と一枚


 

東京にいた頃「南魚沼」という単語を聞くのはやっぱりコシヒカリ、

「南魚沼に来るからには田んぼをやってみたい」、と思っていたら

沢沿いの田んぼをやめるという方が辻又に居て

「やってみるか?」と言ってくれたので、田んぼを借りることができました。

面積も少しずつ増え、気が付いたら11枚の田んぼで面積も4反くらいになりました。

 


 

地域の方(辻又だけでなく時には十日町、まつだいまで教わりに行くことも)や

地域振興局の方に教わりながらの米作りも4年目になりました。

 

最近は草刈りとイノシシ対策の日々です。

とはいえ、機械も知識もないのに

「できるだけ自然な状態で米づくりをしてみたい」という想いだけが先行して、

肝心の腕はなかなかついてきませんが(汗)

 


 

できるだけ自然な状態で米作りをしたいという事で、

除草剤を使わないエリアは縦、横に除草機を入れられるように

ワクを転がして目印をつけ手植えで・・・

家の中にある乾燥機の使用時期を大家さんとずらすために、

稲刈り後しばらくは天日干しなど、

(昨年からバインダーという文明の利器を覚えました)

気が付いたら昔ながらの米作りになっていました。

ナリワイとして考えると難しいですが、

鳥や虫の声を聞きながら、趣味として手間も楽しむ感覚です。

 


 

化学肥料も使っていないので、他の農家さんに比べると雑草も多く貧弱な稲ですが、

東京から仲間を呼んでの田植えや稲刈り、

今ではほとんど見なくなったはざかけ風景など

「懐かしい光景だなぁ」と楽しんでもらえる事もあります。

 

今年はコロナ禍で東京からの田植えは呼べませんでしたが、

声を掛けたら市内から手伝いに来てくれる方も居ました。

 

他の田んぼの皆さんからは少し遅れたシルバーウィークで稲刈りやりますので、

もしお時間あれば辻又に稲刈りに来てみませんか?

 


 

興味がある方がいたら、コメント、メッセージなどいただければ

詳しいことご案内します。

お子様でも体験できますよ。

 

フェイスブックページでも情報発信中です。

〈元 南魚沼市地域おこし協力隊 弐号〉

https://www.facebook.com/tsujimata555

 

 

記:足立 知彦

カテゴリー: 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 南魚沼移住日記, 女子プロおすすめ:南魚沼の『自然』, 生活情報 衣食住 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.