雨の南魚沼巡り《関興寺&野の花舘》

 

こんにちは。初田敏美です。

 

11月に入り快晴の日も少なくなり、曇りや雨の日も多くなってきました。

南魚沼は雨の日にも訪れたい、すてきなところがたくさんあります。

そんなときは「南魚沼 雨の観光地ガイド」を参考に

お出かけしてみるのはいかがでしょうか。

http://minamiuonuma-rain.jp/

 

今日はその中から2か所をご紹介します。

 

まずは、石打の『関興寺』。

http://minamiuonuma-rain.jp/kankoji.html



 

関興寺の紅葉は今まさに見頃。

今年は特に赤、黄色が鮮やかです。



 

もみじやイチョウの落ち葉が雨に濡れてキラキラしています。

雨の音、水の流れる音が心地よく心静かな時を過ごせます。



 

関興寺では、11月15日(日)まで秋の特別展が開催されています。

貴重な上杉家ゆかりの寺宝などが展示されていて、必見です。


 

次にご紹介したいところは、関越道塩沢石打インター近くの

『外山康夫 野の花館』。

http://minamiuonuma-rain.jp/nonohanakan.html



 

野の花館の展示の様子は毎月、ブログで紹介されています。

今月の記事はこちら↓

野の花館だより46

館内でもたくさんの小さな紅葉が感じることが出来ます。


 

それから、野の花館で購入できる南魚沼のお土産をご紹介いたします。

まず一つ目はこちら


 

塩沢の薄荷油、私も愛用しています。

花粉症の季節は必須ですが、今の季節はマスクに垂らして使っています。

花粉症の方におススメ塩沢の『薄荷油』

 

2つ目はこちら


 

さいき養蜂園さんのはちみつです。

生産者の斎木 勇氏に偶然お会いすることが出来ました。


 

私自身ハーブやアロマが大好きで、その関係でミツバチと植物の深い関りから、

アピテラピー(みつばち療法)に興味をもちました。

蜂が作り出す生産物は本当に素晴らしいのです。

はちみつは、皆さんご存じだと思います。

他にも、美容効果でも注目のローヤルゼリー、プロポリス、ポーレン、蜜蝋など。

 

齋木さんは、2月に神奈川県小田原市で梅のはちみつを採密。

その後、開花するさくらのはちみつを採密。

地域、時期によって開花する花と共に移動し、採密するのですね。

南魚沼には4月上旬に帰ってきて、さくらのはちみつを採密。

5月初めには舞子で藤のはちみつ、桐のはちみつ、

5月末から6月初めに魚野川河川敷でアカシアのはちみつ、

その後 黒花槐のはちみつを採密。

6月中旬から下旬には栗のはちみつ。

その後、岩手県、青森県に移動し、9月中旬には北海道に移動。

私も来年の採密の時にお邪魔させていただきたいと思います。

 

この日、私は南魚沼産蕎麦のはちみつを購入しました。

お天気の優れない日も多くなってきましたが、

五感で南魚沼の秋を感じてみませんか。

 

 

《南魚沼 雨の観光地ガイド―雨のちココロは晴れ。―》
http://minamiuonuma-rain.jp/

 

《関興寺》
新潟県南魚沼市上野267
電話 025-783-2111
HP http://kankouji.coolblog.jp/

 

《外山康雄 野の花館》
新潟県南魚沼市万条新田371-1
TEL 025-783-7787
HP http://www.toyama-yasuo.jp
FB https://www.facebook.com/nonohanakan

 

記:初田 敏美

カテゴリー: 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 女子プロおすすめ:南魚沼の『お買い物・お店』, 女子プロおすすめ:南魚沼の『施設』, 女子プロおすすめ:南魚沼の『自然』, 女子プロ観光モデルコース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.