南魚沼の鉱山

こんにちは。

 

勝又沙智子です。

 

今日は南魚沼発、新刊の本のお知らせです。

 


 

いまから60余年前まで、南魚沼市・湯沢町エリアに

いくつもの鉱山があったということをご存知でしょうか?

 

鉱山跡の話はなんとなく耳にしたことはありましたが、、、

 

この本では、南魚沼の鉱山がテーマです。

鉱山がどこにあって、誰が事業を起こして、

どんな人々が働いていて、どんな坑道で、どんな道具を使って、など、

膨大な資料や先輩方から聞いたことなどがまとめられています。

 

文字による詳しい記述に加えて、

地図や、坑道の図、働いていた人々など、

資料と写真も豊富に掲載されており

ページをめくって眺めるだけでも驚きと発見があります。


 

鉱山産業によって働き口が得られたことで冬場の出稼ぎから解放され

一年中家族で生活することができた人々がいたこと、

戦争中は戦略物資とされていたこと

鉱山が栄えることで地域経済が潤ったこと

鉱山が閉山後、

鉱山の索道技術がスキー場開発に活かされたこと、

など、

地域に残る言い伝えなどは大学の研究者が作成する資料とは異なる記録となり、

興味深い記述がたくさんあります。

 

本誌の作成をしたのは、

市内で生まれ育ち暮らす3人の男性です。


 

プロフィールを見ただけでも

それぞれ異なる経歴をお持ちの3人。

出生年より、同級生ではなさそうですし、

本の中の記述でも3人に特別なつながりがあったというふうでもなく

“南魚沼の「鉱山」を書籍にまとめたいという希望が一致した”

ことから、それぞれの知識を活かして1冊の本に編集された

という成り立ちもとても面白いですね。


 

聞いたところによると、

もともと地元の鉱山について調査をしていた小田島昇吉さんが、

青木一男さんの所有する昔の写真の数々をみてぜひ本にしようと

そこに井口優さんが加わり始まったとのこと。

 

膨大な情報の編集は大変な作業だったと想像しますが

今回の記録がなければどんどん忘れ去られていくかもしれない過去の記憶が

未来に伝えられるというのは素晴らしいことですよね。

著者のみなさまの行動力に敬意を表します。

南魚沼の鉱山について知るだけではなく地域の歴史を知る書物としても

貴重な一冊となっています。ぜひご覧ください。

 

■タイトル:南魚沼の産業遺産「鉱山」がいま、点された 地底のシリウス

■著者:青木一男、井口優、小田島昇吉

 

単行本: 188ページ

発行日:2020/7/15

価格:2000円(税込)

 

■買える店

池田記念美術館 TEL 025-780-4080

 

■本誌のお問い合わせ

井口優 090-4706-0541

 

記:勝又 沙智子

カテゴリー: ニュース, 南魚沼のスキー場, 南魚沼の山と登山情報, 南魚沼市外で南魚沼を楽しむ, 生活情報 衣食住 | コメントする

忙しい日の頼れる味方☆

 

お久しぶりです!南魚沼出身、都内在住 瀧澤由紀です。

皆様お元気でしょうか?

こちらはまたコロナが心配な日々ですが、私達は元気です。

通勤や通学以外は出かけないようにしているため、

食べることが一段と楽しみになってしまい、コロナ太りに悩んでいます。

 

先日の帰りが遅くなった日。

最寄り駅のスーパー「SEIYU」へ寄った私は、冷凍野菜を買うことにしました。

八百屋さんでほうれん草が一束300円したのです!

SEIYUは全国に300店舗以上あり、プライベートブランドがお手頃で活用しています。


 

冷凍野菜は値段がかわらなくてありがたいなーと、ふと下の段に目をやると

えびピラフが目に入りました。

700グラムも入って298円(税抜)。

今日はもうご飯もたかないことにしよう!

と思いきってかごに入れました。


 

帰宅してから、何分温めるのかと裏面を見てみると…

「テーブルマーク株式会社 魚沼工場」で製造されているものでした!

なーんだ!そうなのね~♪と一気に親近感と好感度が上がり、

ご飯さえ炊かない後ろめたさから開放されました。



 

フライパン調理もよさそうですが、この日は手軽にレンジにしました。

開けてみると、えび、たまねぎ、いんげん、人参、とうもろこし。

彩りキレイです。


 

しばし待つだけで完成してくれるのは、ほんとに楽ですね!

先日実家から届いた、ありがたーい父の野菜を添えて出したところ、

「わあー美味しそう!これは…買ったやつ?」と、お見通しの子供たちでした。



 

早速いただいてみると、だしの効いたしっかり味ですが思っていたよりあっさり!

「レストランみたい~♪」と喜ぶ子供に

「南魚沼の工場で作ってるんだって!」と伝えたところ、

「だから美味しいんだ」「なんか嬉しいねー」と。

更に食欲がわき、おかわり!で 結局三人で食べてしまいました。

主人には結局ご飯を作りました…

 

後から確認したところ、ネットスーパーでも販売されていました。



 

同じシリーズの炒飯もあったので、次回はそちらを試してみたいです。

私は母が、冷凍食品を使わず手作り派なのもあり、

なるべく手作りをと思っていますが、この日はほんとに助けられました!

こんなに手軽に子供たちが喜び、

しかも美味しくて、地元の工場に感謝でした。

 

まだしばらく外食は控える予定の私達なので、

こんなふうに魚沼工場で製造されているものを探して試してみたいです。

また早く安心して帰れる日がくることを、心から願っています‼

 

今回もお付き合い、ありがとうございました!

 

《テーブルマーク株式会社》

https://www.tablemark.co.jp

 

 

記:瀧澤 由紀

カテゴリー: 南魚沼市外で南魚沼を楽しむ, 子育て, 生活情報 衣食住 | コメントする

今こそ“ワンチーム”で頑張ろう!『工房とんとん~すずカフェable~』

 

こんにちは、サポーターの田中せつ子です。

昨年は「ワンチーム」が流行語になりましたが、

こんな時だからこそ助け合い、心を一つにして乗り切りたいですね。

そこで今回は、元気にワンチームを実践している場所を紹介します。

 



 

ここは浦佐の八色の森公園に隣接した福祉施設

「工房とんとん」にある「すずカフェエイブル」です。

この一角には、

・軽費老人ホームの「ケアハウス鈴懸」

・認知症対応の「グループホーム桐の花」

・ヘルパーステーションの「鈴懸おはようヘルプ」

・障がい者施設の「グループホームおひさま」

・地域交流伝承館の「夢草堂」

・障がい者日中活動施設「工房とんとん」 があります。

就労継続支援事業所として工房とんとんでは個々の特性に合わせ、

手作り班がしめ縄づくりやズボンの裾上げや手芸品づくり。

パン班はパンや菓子の製造販売に取り組む。

カフェ・厨房ではオリジナルメニュー開発にも取り組んでいます。

 


 

すずカフェエイブルのランチは11:00~14:00で、三密を避けて営業中。

その日のメニューが玄関前に置かれています。

テイクアウトも始まっています♪

 



 

10人分くらいの小さなカフェですから、窓際の席で

隣の公園の景色を観ながら一人でまったりするのにもピッタリ。

キッズコーナーもありますので、

あぐりぱーく八色の買い物帰りにお子さん連れで寄るのも安心。

 




 

お店に入って正面はパンとお菓子の販売コーナーです。

 


 

レジの前には子供用のジュースも売ってます。

 




 

左手にはアルコール消毒と手洗い場と、色とりどりの手作りマスク!

子ども用や大きめサイズが可愛い色柄で揃っています♪

 







 

手作り品がずらーと並んで、見ているだけでも楽しい。

工房とんとんの利用者さんと職員が協力し合って働いている姿も、

ほのぼのと心が癒される思いです。

すずカフェエイブルの前は八色の森公園、

その奥には八海山、そしてグループホーム桐の花があります。

この高齢者と障がい者施設の一角が全部ワンチームの

あったか~いスペースになっているみたい。

 



 

とは言っても、外出にはマスク着用が必須です。

サージカルマスクはなかなか手に入りませんが

直売所などで布マスクを置いている所もだんだんと増え始めています。

その貴重なマスクをより清潔に、大切に使うには「取り換えシート」を活用です。

シートは使い捨てで、マスクは洗って長持ち。

皆さんが色々な工夫で対応していますね。

 

マスク着用で八色の森公園を散歩して、

すずカフェエイブルの美味しいパンはお家で食べようっと!

早く世界中が平和な日常を取り戻しますようにと、願いを込めて。

 

※営業内容等は変更となる可能性がございます。

最新情報は公式FBページをご確認ください。

 

 

《工房とんとん~すずカフェable~》

新潟県南魚沼市浦佐5143-1

TEL 025-780-4150

FB https://www.facebook.com/kouboutonton.suzucafeable/

 

記:田中 せつ子

カテゴリー: 女子プロおすすめ:南魚沼の『お買い物・お店』, 女子プロおすすめ:南魚沼市大和エリア『食事処&カフェ』 | コメントする