南魚沼雲海トップシーズン!

 

女子力ブログをご覧の皆さま

おはようございます!

坂戸山雲海部部長 若井勝也です。

 

1
 

田んぼは黄金色に輝き、朝晩の冷え込みもキツくなってきました!

もうすっかり秋ですね^^

早く新米が食べたくてたまりません…(^^)

 

実は最近、眠れぬ日々が続いています…。

 

何故でしょうか…。

そうです…アレです。

 

2
 

雲海です!!!٩( ‘ω’ )و

毎度毎度、雲海雲海と言い続け、ようやくトップシーズン到来です!

おちおち寝てはいられません(笑)

 

前回からブログから一月…

今回は溜まりに溜まった、雲海グラビアを大放出いたします!

永久保存版ですよ!笑

 

………。

 

では、参ります。

 

 

☆8/27 雲海ツアー #4

 

3
image2
5
 

夏の暑さ残る中

五日町スキー場からの、うっすらとした雲海を楽しみました。

遠く下越から駆けつけてくれた友人に、早く厚厚とした雲海を見せてあげたい…。

 

 

☆9/5 雲海ツアー #5

 

6
7
8
9
10
11
 

秋らしい厚厚とした雲海でした!

朝靄を抜け山の上から眺めると、こんなに素晴らしい景色。

思わずパノラマ写真も撮っちゃいます。

初めてお連れした方も感動してくださり、非常に嬉しいツアーとなりました^^

 

 

☆9/9 雲海ツアー #6

 

12
13
14
15
16
17
18
 

↑ムーミン谷と名付けました^^

 

ツアー史上最多の12名様と、

ツアー史上最高の雲海だったかもしれません。

 

浦佐山岳マラソンで知り合った方も、遥々新潟市から駆けつけてくれました!

凄い行動力…。驚

もちろん、雲海見学の後は六日町温泉にゆっくり浸かっていただきましたよ♨

とても喜んでくれ、お招きした甲斐がありました^^

 

たくさんの方が観に来る日でしたので、実はものすごいプレッシャーでした…。

密かにホッとしました(笑)

 

こんな感じで、雲海予報・雲海ツアーを続けております。

御興味ありましたら、ぜひお声掛けくださいませ^^

 

南魚沼の雲海発生確率は尋常じゃありませんよっ!

 

19
 

多くの皆さまと、雲海を見るのを楽しみにしております(^o^)

 

 

記:若井 勝也

 

【坂戸山雲海部】

http://sakado-unkai.com/

カテゴリー: 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 女子プロおすすめ:南魚沼の『自然』 | コメントする

さよなら 女子力。

こんにちは。
ティモシー・サリバンです。

Why do I love Niigata?
私は、なぜ新潟をこんなに大好きなのでしょうか?
1
As I finish my year and prepare to return to New York,
I can’t help but think back and ask myself what do I love about Niigata?
1年の滞在を終え、ニューヨークへ戻る準備をしている中、
新潟のどんなところが大好きなのか?を思い返したり、
自分自身に問いかけたりしています。

For me, the answer always comes back to Japanese Sake!
This was my first love in Japan and my reason for coming to Niigata.
For me the clean taste of Tanrei Karakuchi Niigata sake is the best.
The crisp sake of Niigata is perfect for matching with Japanese food.
Clean sake is also easy on the body and relaxing to drink.
Tanrei sake can also be enjoyed at many temperatures, too.
私にとって、その答えはいつも「日本酒」にあります。
日本酒は、私が初めて日本で大好きになったものであり、
私が新潟にやってきた理由でもあります。
私にとって新潟の淡麗辛口なきれいな味わいの日本酒は本当に最高です!
新潟の淡麗なお酒は日本食に完璧にマッチします。
きれいなお酒は体に優しく、リラックスさせてくれます。
淡麗なお酒は(冷酒でもお燗でも)どんな温度帯でもおいしく飲むことができます。
2
As I got to know Japanese culture more, for me, Sake became a symbol of a Japanese way of life.
It seems simple on the outside… clear and clean almost like water.
But the taste can be deep.
There are also centuries of craftsmanship and sake brewer’s skill in every glass of sake.
私が日本文化をもっとよく知るにつれ、
私にとって日本酒は、日本での生活の象徴になりました。
日本酒の外見は、とても澄んでいて、きれいな水のようにシンプルに見えますが、
味わいはとても奥深いものです。
それは何世紀にも及ぶものづくりへの想い(クラフトマンシップ)と蔵人の技術が、
そのグラス一杯に込められているからです。
3
I realized nihonshu IS Japanese culture.
私は(この一年で)日本酒は日本文化である!ということに気がつきました。

You can apply this to many things in Japanese culture.
If you think about Ikebana or making sushi… on the surface they are spare, and seem simple.
But they have a deep history and beauty.
There is a lot going on under the surface.
They also have great balance.
ものづくりへの思いと職人の技術は日本文化においてたくさんのことにあてはまります。
例えば、生け花やお鮨、その見かけは飾り気がなく、とてもシンプルに見えますが、
その歴史や美しさには(計り知れない)奥深さがあります。
見かけの下にはたくさんのこと・ものが素晴らしいバランスで積み重ねられているのです。

This is something that sake has helped me learn.
このことを私に気づかせてくれたのは、日本酒でした。

When I return back to New York City, I will bring this lesson with me.
I will do my best to share the culture of Niigata and of Japan around the world.
In my case, I will do this by introducing Japanese Sake from Niigata.
I hope by doing this I can help people around the world to understand Japan, and Niigata the way I do.
私がニューヨークに戻る時には、
この(一年間の滞在・経験から得た)知識を持ち帰りたいと思います。
日本の、そして新潟の文化を世界中へ広めていきたいと思っています。
新潟の日本酒を紹介することによって世界中の人々が、私が経験したように、
日本を、そして新潟をより知っていただく一翼を担いたいと思います。

ティモシーさんの日本滞在日記(English)は
こちらでもご紹介しています♪
4
http://www.hakkaisan.com/blog/category/tims-corner/

記:Timothy Sullivan

※追記
ティムさんは、ニューヨークに戻った後に
ふたたび日本酒の先生として世界中の方々に
日本酒の素晴らしさを広める活動をする予定です。
これからもティムさんの応援をよろしくお願いします!
(記:勝又沙智子)

5
https://www.urbansake.com/

カテゴリー: ニュース, 南魚沼移住日記 | コメントする

織物に新たな命。和コサージュ

 

 

こんにちは。岡﨑理香です♪

南魚沼も稲穂がきれいな時期となりました。新米を味わうのもあと少し♪

米好きの私としては、待ち遠しい日々です(^^

食の事だけでなく

塩沢の伝統を体験する機会をいただきましたよ~

 

写真1
写真2
 

塩沢『やまだ織』さんへ!いざ!!

塩沢の着物、本塩沢などの生地を使ったワークショップ。

『コサージュ作り』に参戦です。

 

写真3
 

一言にコサージュ作りと言えないほど

奥の深い貴重な逸品を、自分で作ることが出来るのです。

自分だけの…という響きに弱い私(^^

 

着物・織物についてはコチラのページに詳しく載っています。



女子力ホームページ極上の南魚沼、お魅せします。

文化

越後上布技術保存協会『苧麻編』

世界が認めた越後上布『女たちの戦い編』

雪晒し『雪上に色とりどりの縞模様 編』

塩沢の織物~歴史と想いが紡がれた織物~



やまだ織株式会社 山田千晴氏

 

写真4
写真5
写真6
 

塩沢の織物は歴史も古く、巻機山の昔話にも機織りの逸話があるとか…

 

その美しさに魅了されると

“はぎれ”と言っては勿体無いほどの素敵な

小さな塩沢の生地に、また新しい命が吹き込むのです。

 

一つ一つの生地を選ぶのも

また、楽しみの一つ。

 

一時間くらいで出来てしまうコサージュ。

簡単に作れるように、丹念に準備をされ、

生地を大事に扱っている作家さんにも脱帽です。

つくり方は簡単。

 

写真7
写真8
 

生地を選び、型紙に沿って切ったり、付けたり、巻いたり♪

後でアレンジが利くようになっているのも嬉しい。

 

写真9
秋色を装って。

 

写真10
コチラは小学3年生の女の子の作品。

手際よく仕上げている彼女は、凛としていて将来が楽しみ。

 

写真11
私はシンプルにモノトーン。

色んなシーンに合うように作ってみました。

 

写真12
きっとあなたも、自分好みの生地で和コサージュ作りたくなりますよ♪

和装、七五三・成人式・結婚式の髪飾り。

洋装のアクセントに。

沢山作ってオブジェにも♪

 

親子で揃えて、和装でお出掛けなんて憧れます!

あっ! うちにはメンズしかいない…。

未来のお嫁さんへの、楽しみにとっておきましょうかね(笑)

 

写真13
 

ワークショップ開催については、

事前に下記までお問い合わせください

↓↓↓

 

~お問い合わせ先~

本場塩沢 やまだ織

代表 山田千晴 さん

住所 新潟県南魚沼市塩沢1507-1

電話 025-782-1121

HP http://www.yamadaori.jp/

 

写真14
写真15
写真16
写真17
 

『やまだ織』さんでは、着物はもちろん、

塩沢織物の生地を使った小物なども販売しています。

 

敷居が高い…。などと言わずに、少し足を運んでみてはいかがでしょうか。

塩沢へ旅行にきた記念に

友人とお茶のみの散歩にぶらり…

素敵な出逢いをしてみませんか。

 

 

記:岡﨑 理香

カテゴリー: 南魚沼のイベント情報とご報告, 女子プロおすすめ:南魚沼の『お買い物・お店』 | コメントする