地産地消エネルギー!ペレットストーブ

皆さん、お元気ですか。
MAXトレーニングGYMの金山武志です🎵

今日は、寒い南魚沼市の冬のトレーニングを快適にしてくれる
ペレットストーブを紹介します。

緩やかな炎を見ながらトレーニングの合間にリラックスしたり、
柔らかい暖かさに包まれて冬でも頑張れます🎵

山の森林整備や廃材のなどの再利用、仕事や雇用の増進、
CO2の削減、灰の再利用等の良い話を聞きMAXにも導入しました。
コストパフォーマンスも良くて助かります。

MAXにはいろいろな知識や技術を持ったメンバーが沢山いるので
本当に勉強になったり経営も助かったりします。

ペレット(木屑)は間伐で切られた木材を使用する事で森を守る人の賃金になり
定期的に伐採された美しい森は防災にも威力を発揮します。
こうやってサイクルが出来てくれば資源の乏しい日本でも何とかなるんですね。

薪ストーブと同じで燃料の持ち運びや保管場所が必要、
掃除もマメにしないと煤が溜まります。

身体のメンテナンスと同じで日々大切に使えば、いい感じで応えてくれます🎵

鍛えていれば運搬も楽々です😁
「筋肉は裏切らないです」

お問い合わせは…
《ペレットマン南魚沼》
有限会社 鈴木建設
TEL 025-774-2210
FB https://www.facebook.com/pelletman.minami?fref=ts
まで宜しくお願い致します。

何時も読んで頂き、ありがとうございます。

記:金山 武志

カテゴリー: 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 生活情報 衣食住 | コメントする

保存食の仕込みは これから!

 

こんにちは♫ 女子力の岡﨑理香です(^^♪

山に雪が積もって来ましたね…

12月になると、あの仕込みが始まる時期。

 

冬の仕込み、味噌作りの準備をしてきました。

 

実家にいたころは、味噌は買うもの、

作るなんて考えもしませんでした。

 


 

素敵な方々のご縁で、味噌作りのワークショップへ参加!

そこで、手作り味噌の美味しさに感動して

ここ数年、味噌作りをしています。

 

いつもは、大豆を水に漬けての作業から

実は、豆にする作業がこれまた大変!!

いつも楽をさせてもらっていました…。

 


 

大豆の刈り取り、天日で乾燥させ

準備万端のところへお邪魔しました。

ここまでの準備に、本当に感謝です!!

 




 

さやに入った大豆を出す作業、足でフミフミ

樽にパラパラ、足でフミフミ、樽にパラパラ…

それでも出なかった大豆を手作業で出していきます。

樽の中に振り落としながら

取りこぼしがないか確認します。

これをひたすら繰り返し、繰り返しの作業です。

 

大豆を買う所からは想像もできない地道な作業…

豆を取り出す作業を甘く見ていましたね…(^^;

身をもって大変さを感じることが出来ました。

 

しかし、タイムアップで少しの時間しか作業が出来ず…残念。

味噌作りの前には、もう一回さや出し作業をしたいところです。

 


 

昨年の大豆はこんな感じ!

 

ご飯のお供は味噌汁。

 

大豆の違いで味噌の味が格段に変わり

いつもの母の味にコクがプラスされました。

自分一人では出来なかった味噌作り

教えていただいた皆様に感謝です!

 

今回の味噌作りは、メンズの食欲に負けぬよう

樽で仕込もうと企んでいます!!

今から楽しみです!

 

雪国の保存食、侮れませんよ!

手作りの味噌を、大事に味わう喜び

皆さんもぜひ!手作りいかがでしょうか♪

 

☆魚沼野良部 フェイスブックページ

https://www.facebook.com/uonumanorabu/

 


※昨年の味噌仕込みの図(笑)

 

 

記:岡﨑 理香

カテゴリー: 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 南魚沼移住日記, 生活情報 衣食住 | コメントする

東京でコシヒカリの新米を食べるならここ!!

 

ブログをご覧の皆さんこんにちは。

南魚沼出身・東京在住の南雲祥代です。

 

南魚沼ではついに地上にも雪が降りてきたそうですね。

寒さがグッと深まったことと思いますが、

ウィンタースポーツが好きな方はワクワクされているのではないでしょうか。

 

東京も気温がだんだん下がってきて、

街行く人たちも厚手のコートを着た方が増えてきました。

冬支度が本格的になる11月下旬。

先日、こんなお店に行ってきました。

 

築地にお店を構える創作和食店、「GINZAうおぬま」さんです。

http://ginza-uonuma.com/


 

店名からして美味しいモノが食べられる期待が高まりますね(笑)




 

こちらのお店は、オーナーのお知り合いの

十日町の米農家さんから直接仕入れた魚沼産コシヒカリを、

その日使う分だけ毎日お店で精米をして提供しています。

 

鶴齢髙千代といった魚沼の地酒はもちろん、

のっぺ汁や越乃鳥・雪室熟成黄金豚などの新潟の食べ物もありますが、

調理長が毎朝築地市場で仕入れるその日一押しの新鮮なお魚がおすすめ。

コシヒカリを美味しく味わうためのお酒とお料理が揃っています。

 

この日は近くに用事があったのですが、

ランチに寄らせていただきました。


 

メニューの中から日替わり焼き魚定食をお願いしました。

つやつやの新米と脂がのった鰯が2匹!

お出汁のきいたお味噌汁は身体に沁み渡ります(涙)

 

お腹も心も満たされる癒しの一時でしたが、

お箸を持つ手が止まらずにあっという間に間食してしまいました^^;

 

こちらのお店は築地エリアの有志の皆さんとイベントなども行っています。

 

市場が移転しても築地の魅力をたくさんの人に知ってほしい

“築地”をキーワードに新しいコミュニティが広がっていってほしい

 

築地を愛する皆さんのそんな想いで2014年にスタートした

「築地はしご酒」はもう5回目だそう。

https://www.value-press.com/pressrelease/207248

 

チケットを持っていれば、イベントに参画している居酒屋さん・

バル・天ぷら屋さん・お寿司屋さんなどなど、

メディアに取り上げられる人気店だけでなく

つい通り過ぎてしまいそうな路地にあるお店なども、

築地エリアのお店をお得に周ることが出来ます。

10軒・15軒と、毎年いかに多くお店を周るか

目標を立てて参加されている方もいるようですよ(笑)

 

今年の開催は酒蔵とのコラボ企画もあり、

GINZAうおぬまさんには青木酒造さんが、

違うお店には八海醸造さんがいらしていたそうです。

 

もっと早くにイベントの情報を知っておくべきでしたm(__)m。。

次回の開催ではどんな内容になるのか楽しみですね。

 

ご興味がある方はお店のFacebookページや、

イベントのFacebookページをチェックしてみて下さいね!

https://www.facebook.com/Tsukijihasigo/

 

GINZAうおぬまさんは、カウンター席・テーブル席で約20席で、

カウンター席に座ると料理長が腕を振るう様子も見えます。

提供を待つまでの時間も楽しく感じますね。


 

落ち着いた雰囲気と美味しい食べ物でお話も弾むこと間違いなしです。

「何か美味しいもの食べたいな~」と思ったら、

ぜひGINZAうおぬまさんへ!!

 

それでは、今回はこの辺で。

はちゃま(*^_^*)

 

《GINZAうおぬま》
http://ginza-uonuma.com/
東京都中央区築地7-4-4向陽サンクレスト築地102
電話:03-6278-8553
[月~金]11:30~13:30/18:00~22:00(L.O)
[土]17:00~21:00(L.O)
定休日:日曜日、祝日

 

記:南雲祥代

カテゴリー: 南魚沼市外で南魚沼を楽しむ | コメントする