学びの時間。

 

ひらくの里ファーム」の青木拓也です!

 

いよいよ山が白くなり、冬シーズン到来ですね!

この時期の紅葉から真っ白になる自然の移り変わりがとても綺麗で好きです。

農作業もひと段落しまして、除雪用具の点検や雪囲いも終わり、

冬越しの準備もばっちりです。

 

この秋終わりから降雪のあいだは雪国農家にとっては

ちょっと一息つける時間になります。

そんな時間を利用して若手の農家仲間と共に視察に行ってきました。

場所はお隣、山形県。

一泊二日で二つの農業法人さんへ訪問です。

 

一つ目は鶴岡市の「有限会社 米の里」さんです。

http://komenosato.com/

早くから農業法人化して規模拡大を進め、

ここ数年で一気に加速して約80haもの農地を管理しているそうです。

そのライスセンターを見学させていただきました。

 




 

自社のお米の販売のほか、周りの農家からも仕入れ販売しているようで、

取り扱いは3万俵以上になるそうです。

 

二つ目は、南陽市の「株式会社 黒沢ファーム」さんです。

http://www.kurosawa-farm.com/

お米の精米販売を積極的に取り組み、

こちらも周りの農家から仕入れて販売しているそうです。

今回は新しくできた精米工場を見学させていただきました。

 




 

農家の精米施設とは思えないほど立派でびっくりしました。

ASIAGAPの認証もとっており、とてもきれいに整備された環境でした。

 

どちらの農業法人さんも生産・販売と共に規模が大きく、

今後の自分たちの経営をどのように発展させるか、とても参考になりました。

また、こういう機会に共に学びに行ける

若手農業者が周りにいること、とても貴重だと思いました。

これからも学ぶ姿勢を忘れずに行きたいと思います。

 

 

★ひらくの里ファーム株式会社

ホームページ https://www.hirakunosatofarm.com

フェイスブック https://www.facebook.com/hirakunosatofarm

 

記:青木 拓也

カテゴリー: 生活情報 衣食住 | コメントする

荘厳なパイプオルガンの音色を満喫しませんか?12月7日は橘光一さんの演奏会♪

 

皆さん、こんにちは、浦佐ホテルオカベの友野裕子です。

あっという間に12月、

皆さんは今年、どんな一年だったでしょうか

私はというと、大好きな音楽を通して、

素敵な感動を沢山実感させて頂いた一年でした。

 

さて、本日は素敵な至福の演奏会をご紹介致します。

ここ南魚沼で、パイプオルガンの本格的な演奏を満喫できるチャンスです。

南魚沼市黒土新田にある、北里大学保健衛生専門学院に、

パイプオルガンが有る事を、皆様ご存じでしょうか。

実は、二年前にもここで、南魚沼市交流大使で有り、

オルガニストの橘光一さんが演奏なさいました。

南魚沼のパイプオルガン

 



 

なぜ、北里大学にこのパイプオルガンがあるのか、

2000年から北里大学講師をなさっていらっしゃる

魚沼市の高波礼子さんに伺いました。

 


 

北里大学のホールを作る時に、先生方や事務局の皆さんが

21世紀には医療を学ぶ理系の学生にも芸術分野を学んでもらいたいと

情操の面でも学院の環境整備をしようとなりました。

ドイツ製のこの電子パイプオルガンは

当時学院関係者の皆さんがドイツに視察に行き

教会から流れてくるパイプオルガンとヨーロッパの街並みが

とても芸術的で、ぜひこの北里にもそのエッセンスを導入したいとなり、

ホールの竣工と共に設置されました。

この北里ホール竣工に伴い芸術の講義が導入されました。

講義以外にサークルでも音楽を親しむ学生達が施設利用しています。

市民の皆様にもこの素晴らしいホールにお越しいただけることは

教職員一同本当に嬉しくおもうのでした。

 

とのことです。

 

2019年度の公開講座として行われるこの演奏会は、

一般の方の入場も可能とのこと。

しかも、事前申込み不要で、入場も無料です。

 


 

曲目は、パイプオルガンでは、とても有名な、(私も大好きな)

『トッカータとフーガ ニ短調』やクリスマスソングなど。

一足早いクリスマス気分を堪能出来そうですね。

 

ピアノや、電子オルガンの音色は耳にする機会はあっても、

なかなかパイプオルガンの音色は聴けないですよね。

 



 

とにかく演奏が難しい楽器。

鍵盤が何段もあり、ボタンが沢山ついていて、

とても複雑そうなパイプオルガン。

楽譜はどうなっているのでしょうね

そんな難しいパイプオルガンを弾きこなす

橘さんの手と足にも注目です。

 


 

先日は、サントリーホールにてパイプオルガンの演奏をなさった橘さん。

地元で是非、素晴らしいパイプオルガン奏者の音色をお楽しみください

 

日程は、

2019年12月7日(土)13:00~14:30

 

電車でお越しの方には、浦佐駅からの無料送迎バスも運行があるそうです。

 

★北里大学保健衛生専門学院のHP

https://www.niigata-kitasato-u.ac.jp/

 

さて、浦佐ホテルオカベでも、今年最後のイベントとして、

クリスマスディナーショーがございます。

今年は、昨年に引き続き、三味線奏者のお二人に加え、

ドラム・ベース・スティールタングドラム・ギターの

スペシャルユニットの演奏をお楽しみ頂けます。

 


 

詳細はこちらのHPをご覧ください↓

http://hotelokabe.com/01_urasa/event/xmasディナーショー〈transist〉/

 

お申し込みは下記へ

申込みフォームよりご予約の場合は

¥15,000→¥14,000 となり、お得です☆

https://forms.gle/7CyPN6g6B8Ftcr7x9

 

 

記:友野 裕子

カテゴリー: 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 南魚沼のイベント情報とご報告 | コメントする

野の花館だより37

 

野の花館の大平祥子です。

落ち葉を飾るのももうおしまいかな。


 

カレンダーも残り1枚になってしまいました。

雪も薄っすらと積り、スキーシーズンの始まりです。


 

沢山あった干し柿も大好評で、

残りわずかとなりました。


 

喜んでもらえて、嬉しいです。

キレイに作ってくれるNさんに感謝です。

 

大好きな絵が登場しました。

「現の証拠」


 

漢字で書くとなんか硬い感じ。

どんな下痢であっても服用するとすぐに効果を表す

ところからついた名前らしいけど、

この姿はかわいいから、好きなんです。

ショウコ・・だし・・・(笑)。

 



なんだか、ネタがあらぬ方へ向かいましたが、

「屁屎葛」の今どきの姿もいいですよ。

小さな実がピカピカしてるんです。

 


キレイな花も載せないとですね。

「嵯峨菊」繊細な花びらと黄色が美しいです。

 

年内は28日(土)まで開館しています。

2020年は1月11日(土)からオープンします。

だいぶ早いですが、みなさん良いお年をお迎えください。

 

 

記:大平祥子

 

《外山康雄 野の花館》
新潟県南魚沼市万条新田371-1
TEL 025-783-7787
HP http://www.toyama-yasuo.jp
FB https://www.facebook.com/nonohanakan

こちらもぜひ、ご覧ください。
極上の南魚沼、お魅せします。 外山康雄氏

カテゴリー: 今が旬!南魚沼の『季節を味わう』, 女子プロおすすめ:南魚沼の『お買い物・お店』 | コメントする