鬼滅の刃作者・吾峠呼世晴の性別が女性で炎上した経緯まとめ!理由はただの僻み?

鬼滅の刃作者・吾峠呼世晴の性別が女性で炎上した経緯まとめ!理由はただの僻み?
スポンサーリンク

鬼滅の刃の作者・吾峠呼世晴さんの性別が女性だったということで炎上して話題に。

なぜ炎上したのでしょうか。

炎上した経緯と理由をまとめました

スポンサーリンク
目次

鬼滅の刃作者・吾峠呼世晴の性別が女性で炎上した経緯まとめ!

鬼滅の刃作者・吾峠呼世晴の性別が女性で炎上した経緯はこんなかんじ。

  • 週刊文春の記事で作者が女性と判明
  • 女性だったことに対する言いがかりが出てくる
  • 言いがかりにツッコミが殺到

ひとつずつ見ていきましょう。

週刊文春の記事で作者が女性と判明

2020年5月に週刊文春で吾峠呼世晴さんが女性だという記事が掲載されました。

ネット上では様々に噂されてきましたが、実は作者は女性です(ジャンプ関係者)

引用元:文春オンライン(2020年5月16日に公開※2024年5月現在非公開)

2016年に連載スタートした『鬼滅の刃』。

吾峠呼世晴さんは謎に包まれた新人作家で、素顔に迫る報道は文春の記事がはじめてでした。

女性だったことに対する言いがかりが出てくる

鬼滅の刃作者である吾峠呼世晴さんが女性だという報道がされると、SNSで話題に。

その中には作者が女性であることに言いがかりをつけるようなコメントがあったみたいです。

内容はこんな感じ。

作者が男性じゃなくてショックを受けた

鬼滅の刃のようなバトルは男性に描いてほしい

女なのに…

おそらく、記事に対する個人的な思いだったのでしょうが、思わぬ方向に…。

言いがかりにツッコミが殺到

今度は報道に対する言いがかりのようなコメントに対してツッコミが殺到

女性でなにが悪いんだよ

女性が描いても面白かったら良いと思うんだけどな~

正直、漫画家さんが男性でも女性でもどっちでもいい

SNSが盛り上がってしまったため、結果として炎上したようになってしまったのでした。

現在はきっかけとなった言いがかりのようなコメントはSNS上からほぼ消えてしまったみたい。

鬼滅の刃の連載も終わり、騒動のあとだけが残ったようです。

スポンサーリンク

鬼滅の刃作者・吾峠呼世晴の性別が女性で炎上した理由は思い込みのただの僻み

炎上のきっかけは思い込みからくる僻みみたい。

吾峠呼世晴さんの性別が女性で炎上した理由は、SNSのコメントでしたが、コメントの内容をまとめるとこんなかんじ。

  • 少年漫画だから作者は男性だと思っていた
  • バトルものは男性に描いてほしい

男性が描いているという思い込みがあったという感想がこんな風にねじ曲がって捉えられたみたい。

  • 女性は少年漫画は描かない
  • バトル物は女性に描いてほしくない

とはいえ、中には実際に鬼滅の刃という人気漫画を女性が描いているということに対する僻みもありそうでした。

炎上の理由になったコメントはSNS上からはほとんど削除されてしまいましたが、スクショしたり覚えていた人は多い様子。

個人の思い込みや僻みが混ざったコメントにいろんな人が反応して大きな騒ぎになったようです。

スポンサーリンク

鬼滅の刃作者・吾峠呼世晴の性別が女性で炎上した件で擁護の声も多数

作者が男性でも女性でも「関係ない」という声が多数!

炎上騒ぎがあったものの、ネット上では鬼滅の刃の作者の性別が女性だということに対し擁護するようなコメントも多かった模様。

女の方だろうが男の方だろうが素敵な作品を書いてくださる漫画家さんは素晴らしい

性別とかなんでもええわ

自分の好きな漫画の作者が「生きてて」、物語を「終わらせてくれた」って
奇跡なんだよ

すでに漫画での連載は終わってしまったものの、アニメをはじめ、舞台やゲームなど新作が次々と公開され、人気はとどまることを知らず…。

まさに性別は関係なし!

スポンサーリンク

まとめ

鬼滅の刃作者・吾峠呼世晴さんの性別が女性で炎上した経緯はこんなかんじ。

  • 週刊文春の記事で作者が女性と判明
  • 女性だったことに対する言いがかりが出てくる
  • 言いがかりにツッコミが殺到

炎上した理由は、「男性が描いていると思っていた」という思い込みや「鬼滅の刃のような人気漫画を女性が描いているなんて…」といった僻みがあったみたい。

炎上したものの、作者を擁護する意見もいっぱい寄せられた様子。

漫画連載は終わってしまったけれど、アニメや舞台などの新作は続々と公開されていて、鬼滅の刃の人気ぶりは健在!

素晴らしい作品に性別は関係ありませんね^^

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次