倭姫宮和歌(やまとひめのみやうた)は実在する?由来やデマの可能性も調査!

倭姫宮和歌(やまとひめのみやうた)は実在する?由来やデマの可能性も調査!
スポンサーリンク

X上で倭姫宮和歌といった名前の方が現れ、そんな珍しい名前が実在するのか?と話題になっています。

今回は倭姫宮といった名前は実在するのかについて調査。

ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
目次

倭姫宮和歌(やまとひめのみやうた)は実在する?

倭姫宮和歌という名前が本名で実在するのかはわかっていません。

Xに登場した倭姫宮和歌さんですが、クレジットカードに記載されたローマ字表記の『UTA YAMATOHIMENOMIYA』といった情報を公開しています。

ただ、過去にポストがないことや偽造の可能性もあり、現段階で実在するとは言い切れないようです。

歴史を遡って苗字の成り立ちから考えると倭姫宮の実在はかなり疑わしい。

人前に出るサックス奏者が今の時代、苗字サイトより先に本人から申し出ることある?

名字研究してた時期あるけど、かなり胡散臭いです。

このように疑いの目を光らせている方は多いみたい。

スポンサーリンク

倭姫宮和歌(やまとひめのみやうた)の由来は伊勢神宮の内宮?

倭姫宮といった名字の由来となっているのは伊勢神宮の内宮の別宮では?と言われています。

皇大神宮別宮・倭姫宮は、神宮・内宮の別宮で、2000年以上前に天照大御神を伊勢にお連れになった倭姫命(やまとひめのみこと)が御祭神です。

引用:伊勢市観光協会

三重県の伊勢神宮内に2024年現在もある神社の名前で、人名ではありません。

大正12年に創建され、伊勢神宮のなかでは比較的新しい建物。

国内に同名の神社はなく、ここが由来なのでは?と言われているようです。

スポンサーリンク

倭姫宮和歌(やまとひめのみやうた)はデマの可能性あり

倭姫宮和歌さんの名前は本名ではなく、デマの可能性があるみたい。

  • 名字ネットや辞典に載っていない
  • 音楽関係者なのに無名

名字ネットや辞典に載っていない

国内に実在する方の名字の掲載されたネットや辞典に倭姫宮という名字はないみたい。

実際に、

  • 名字由来net
  • 名字辞典オンライン

の2つで検索してみましたが、倭姫宮といった名前は登録されていませんでした。

少なくとも倭姫宮和歌さんの両親や祖父祖母は同じ名字のはずで、本当なら数名は存在するはず。

しかし、どちらにも登録されていないということは、実在しないのでは?と言われています。

名字由来netから実在苗字辞典、日本の苗字を数えるにも載ってないんだけどみんなこれどう思う?

電話帳に載らない苗字ってのはある程度存在するらしいですが、これもその一種か否か。

名字研究の先人がこれらの名字を発見していますが、こんなすごい名字を今の今まで見落としていたとは考えにくい

長年研究されている課題で、いままで発見されていないのは怪しいと考える方が多いみたい。

音楽関係者なのに無名

倭姫宮和歌さんと名乗る人物は、長年音楽活動をおこなっているようですが、メディアや広告に名前が載っていないみたい。

Xのトップページには

classical saxophonist /ウィーン国立音大(mdw)→英国王立音楽院(RAM) / 東京都生まれの東京都育ち / 一時帰国中

と記載があります。

音大を出ていてサックス奏者ということですが、通常そのような活動をしていると、コンサートの宣伝に名前が載ったり、なにかしらの名簿に登録されていたりするはず。

ましてや珍しい名前であれば、検索にヒットしやすいでしょう。

しかし、どこにも音楽活動をおこなっている倭姫宮和歌さんの情報がないため、デマなのでは?と言われています。

これ以外全然ツイートないし幽霊苗字だし音楽家なのに名前ググッても出て来ないからまぁフォロワー稼ぎの嘘ツイだろうに騙されまくってんのおもろいな。

変わった名前で個性を出すYouTuberみたいな。

「ウィーン国立音大」だのと、いかにもでかく出てるあたりも怪しい

名前が知られていないことに違和感を感じる人もいるみたい。

スポンサーリンク

まとめ

倭姫宮和歌さんが本名で実在するのかはわかっていません。

倭姫宮の由来は伊勢神宮の内宮だと言われており、神社の名前として知られています。

  • 名字ネットや辞典に載っていない
  • 音楽関係者なのに無名

これらの理由からデマなのでは?という声が多数ありますが、真偽はどうなのでしょうか?

もしも実在してどこにも登録がないのであれば、今後も珍しい名字が見つかるかもしれませんね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次