荒木飛呂彦が不老不死と言われる理由3選!老けないどころか若返っていると話題に!

荒木飛呂彦が不老不死と言われる理由3選!老けないどころか若返っていると話題に!
スポンサーリンク

漫画家でいつまでも若い見た目が特徴的な荒木飛呂彦さん。

見た目の若い荒木飛呂彦さんは、一部で不老不死説が浮上しているそう。

今回は荒木飛呂彦さんの不老不死説について調査。

ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
目次

荒木飛呂彦が不老不死と言われる理由3選

荒木飛呂彦さんが不老不死とうわさされる理由を調査!

  • 見た目が変わらなすぎる
  • 土方歳三やモナリザに激似
  • ジョジョに登場する技を身に付けている?

見た目が変わらなすぎる

荒木飛呂彦さんは年齢を重ねても見た目が変わらなすぎると言われているみたい。

2024年6月現在64歳の荒木飛呂彦さん。

1989年頃、当時35歳のときと比較してみても顔や肌が老化していないように感じます。

不死はないけど見た目だけで言えば不老はまじ

25年前からまったく容姿が変わってない

肌年齢おかしい

あまりに老けないことから不老不死と言われているようです。

土方歳三やモナリザに激似

幕末時代の人物・土方歳三や、ルネッサンス期のモデルのモナリザなのでは?と言われているみたい。

一般に荒木は漫画家として知られているが、その正体は定かではない。

その存在は少なくともルネッサンス期から確認されており、一説によるとレオナルド・ダヴィンチ作「モナ・リザ」のモデルである。

わが国で初めて確認されたのは幕末で、その時は新撰組の鬼の副長こと「土方歳三」と名乗っていた。

引用:ニコニコ大百科(仮)

荒木飛呂彦さんの外見が変わらないことから、大昔から生きているのでは?とうわさされるようになったとか。

非現実的な仮説に、単なる他人の空似だろうと思われますが、もし本当だったらすごいことです。

正確に言えば転生しています

仮説としてはおもしろいけど、土方歳三がジョジョを描いたとは思いたくないかも

荒木飛呂彦先生は土方歳三ですか?

半分本気で疑問に思っている方もいるみたい。

ジョジョに登場する技を身に付けている?

荒木飛呂彦さんの手掛けた作品「ジョジョの奇妙な冒険」に登場する技は、本人が身に付けている技なのでは?と言われているみたい。

主に荒木飛呂彦さんが習得していそうと言われているのは

  • 石仮面を被った吸血鬼
  • 波紋法をマスター
  • 時を操るスタンド使い

この3つ。

簡単に説明すると、

  • 漫画に登場する吸血鬼は不老不死
  • 波紋法をマスターするといつまでも若いままの美貌を保てる
  • スタンド使いで時間を止めたり早めたりできる

こんな感じで、荒木飛呂彦さんによって創造された技を習得していれば、不老不死が実現するということです。

作者の荒木飛呂彦先生石仮面で不老不死を手に入れている可能性があるw

波紋は習得していそう

吸血鬼です

なかなか信じがたい情報ではありますが、もし自身の経験から漫画を執筆しているとすれば不老不死もあながち嘘ではないのかも?

スポンサーリンク

荒木飛呂彦が不老不死と言われ老けないどころか若返っていると話題に

荒木飛呂彦さんは、むしろ若返っているとうわさされているみたい。

また迂闊に若返っておられる…そろそろ正体がバレるぞ

この方がちで不老不死なんでは?
若い…若すぎる……

外見がなぜか若返り加齢が完全にストップしている

若返りの術を使っているといったおもしろい意見も見られました。

スポンサーリンク

荒木飛呂彦が不老不死と言われるのは若さの秘訣が鍵

荒木飛呂彦さんには、若さの秘訣がいくつかあるみたい。

2012年のインタビューで若さの秘訣を聞かれた際には

毎朝、東京都の水道水で顔を洗って、あとは特に何もしていません

と回答しています。

ほかにも

  • 週3日休みを導入している
  • 野菜中心の食生活を心掛け夜は食べていない

こんな風に話しており、若さを保つための努力をされているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

荒木飛呂彦さんが不老不死だと言われる理由は

  • 見た目が変わらなすぎる
  • 土方歳三やモナリザに激似
  • ジョジョに登場する技を身に付けている?

こんな感じ。

老けないどころか若返っているのでは?といった意見もあるほど、若さに注目が集まっています。

荒木飛呂彦さんは若さを保つために

  • 東京の水道水で洗顔
  • 週3日休みを導入している
  • 野菜中心の食生活を心掛け夜は食べていない

こんなことを実践しているみたい。

ぜひ真似して若さを保ちたいものです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次